老化や病気と食事の関係 | ビタミン・ミネラルの健康サプリ


あなたはどのように健康を維持されてますか?
今様々な健康サプリで効果を実感されている方が!
ビタミン・ミネラルの健康サプリに強くなる
お役立ち情報を解説しています。

老化や病気と食事の関係

人間は年齢を重ねると、肉体的にも精神的にも老化していきます。そして、どういうわけか、年を取ると病気しやすくなっていきますね。

そして、多くの方が疑問に思ってらっしゃるのが、若いころは沢山お酒を飲んでも大丈夫だったのに、年を取ると体に堪えるようになったという点です。

これは、実は単に老化が原因ではないのです。つまり、若いころに偏食傾向な食事や不摂生を繰り返していますと、若いうちは組織や内臓が耐えてくれるのですが、それは決して健康のまま耐えてくれているわけではありません。

特に肝臓は、自らが傷ついても悲鳴を出さないことで知られておりますが、この影響が初めて多臓器に移ることで発覚してしまうパターンが非常に多いのです。この意味するところは、若いころからバランスの良い食事を行い、暴飲暴食をしないことを継続することで、年をとっても健康的でいられるということなのです。

世界一の長寿国となった日本において、同じ年齢で長生きしても、とても健康的だったり、寝たきりだったり、大きな差が見られますよね。これは、まさしく長い期間経験された食生活の差にあるのです。

現在は医療水準の向上も目覚ましく、有効な薬剤も多くなりましたので、健康状態に関わりなく、とりあえず長生きできる人が多くなりました。でも、高齢になっても認知症を患わず、足腰もしっかりしている方は、若い時から食生活も質素でバランス良い食事を摂って来られた方が多いのです。

食事のやり方を間違ってしまいますと、老化した段階で、それまでのひずみが体に現れてしまうメカニズムを人間はしっかりと持っていることが分かります。